ページの始まりです 本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから本文です

次世代省エネ基準を上回る高断熱・高気密

「次世代省エネルギー基準(以下、次世代省エネ基準)」とは、1999年に告示された住宅の省エネルギー性能に関する公的基準です。この次世代省エネ基準には、断熱性を表す「熱損失係数(Q値)」や「熱貫流率(K値)」、気密性を示す「相当隙間面積(C値)」といった数値基準が設けられています。

次世代省エネ基準の目的こそ二酸化炭素削減ではありますが、住宅の「快適さ」、「省エネルギー性」、「健康的」、「耐久性」が同時に確保できることが、最大のメリットと言えます。
断熱材・断熱工法は数多くあり、お客様にとっても非常に迷われる所かと思います。多くの業者さんでは、単純にメリットだけを並べたセールストークが主流となっており、残念ながら比較できないのが実情です。

ダンネツ信州では、この次世代省エネ基準を上回る性能を基本として、お客様の住宅に合わせた熱量計算をした上で、床・壁・天井の断熱材の種類や厚みなど高い性能を実現できるよう最適なプランを複数ご提案させていただき、各断熱材・断熱工法のメリット・デメリットをご説明の上決めていただいております。

次世代省エネルギー基準の地域区分
地図をクリックすると拡大します。

Q値【熱損失係数(W/m²K)】

熱損失係数

建物の断熱性能を示す数値で、数値が小さい程断熱性能が高くなります。建物内外の気温差が1℃の時に、屋内から屋外へ逃げる1時間当たりの熱量を床面積で割ったものです。

C値【相当隙間面積(cm²/m²)】

相当隙間面積

建物全体の隙間面積を示す数値で、数値が小さい程気密性能が高くなります。
建物全体にある隙間面積を延床面積で割ったものです。

K値【熱貫流率(W/m²K)】

熱貫流率

壁や床、天井などの建物の部位毎の断熱性能を示す数値で、数値が小さい程断熱性能が高くなります。
建物内外の気温差が1℃の時に、部位毎1m²当たり1時間に逃げる熱量。

λ(ラムダ)値【熱伝導率(W/m・K)】

熱伝導率

断熱材などの特定材料の熱の伝わりやすさを示す数値で、数値が小さい程断熱性能が高くなります。
1mの厚さの物質両面の気温差が1℃の時に、1時間当たりに流れる熱量。

省エネ住宅は光熱費を大幅に節約できます

昭和57年制定旧省エネ基準と比べ、次世代省エネ基準以上の省エネ住宅では光熱費が316,320円、CO2が9997kg削減できます。

左図は、昭和57年制定の旧省エネ基準と、平成11年制定の次世代省エネ基準に断熱力を強化し熱交換換気断熱サッシを追加した仕様と比較したグラフになります。

現在の省エネ住宅は、昭和57年当時より断熱性や気密性が向上した事はもちろん、セントラルヒーティング24時間換気システムによって住む人にとっても快適で健康的な住宅になりました。

省エネシミュレーションのページでは、マウスのみの簡単な操作で旧省エネ基準との比較ができますので、是非一度お試しください。

arrow省エネシミュレーション

建物の大きさや間取り、生活者人数や生活パターンによって数値は異なりますので目安としてご利用ください。

断熱材による住宅の防音対策

防音対策の基本は、吸音と遮音です。建築における吸音と遮音は一般的に言われている意味合いとは違い、吸音とは内部で発生する音を吸収し小さくする事を指し、外部からの音を遮断する事を遮音と言います。ふわふわした断熱材ほど吸音し、重い断熱材ほど遮音します。
グラスウールなどの繊維系断熱材は、音の伝わろうとするエネルギーをしっかり吸収します。ダンネツ信州では、防音対策を考慮しお客様のニーズに合った断熱材を使用しています。

住宅の吸音 音を吸い込む

吸音 音を吸い込む

その部屋で発生した音の反響を小さくする為、吸音材(音を吸い込む特性)を持った断熱材の使用が必要です。

住宅の遮音 音を通さない

遮音 音を通さない

外部からの音を遮断したり、内部の音を外に漏らさないよう、壁、ドアに遮音性の高い断熱材を用います。

グラスウールの遮音効果、吸音性

繊維系断熱材のグラスウールは入射した音のエネルギーをグラスウール内部で、伝搬して内部のガラス繊維や空気を振動させ、熱エネルギーに変換します。高い断熱性能を持ち、低音域から高音域まで幅広い吸音特性を発揮します。

壁に充填したグラスウールの遮音効果
天井に入れたグラスウールの遮音効果

※旭ファイバーグラス株式会社調べ

各種断熱材の吸音率

幅10m×長さ20m×高さ5mのRC建室で、500Hz(人間の耳によく感じる音)を80db(音量)で流した時、室内の残響時間と同じ室内で10m離れた壁際での、各種断熱材の吸音率と減音量の比較です。

各種断熱材自体の吸音率
材料 厚さ 空気層 吸音率
グラスウール 25mm 0mm 0.66
木毛セメント板 25mm 0mm 0.22
押出発砲ポリスチレン板 25mm 0mm 0.06
内装断熱材別による減音量 ※R=室定数
内装材料 室定数 音圧 減音量
グラスウール 591R 59db 21db
木毛セメント板 136R 65db 15db
押出発砲ポリスチレン板 36R 71db 9db

音量80dbは、地下鉄内・電話のベルが騒がしい事務所などに相当する音量です。
21db減音出来た場合、40km/hで走る静かな乗用車内や、普通の会話相当の音量に減音出来ます。

arrowダンネツ信州で使用している断熱材

Youtube ダンネツ信州チャンネル

ここからサイト内共通メニューです
Copyright © Dannetsushinsyu Co.,Ltd. All rights reserved. 株式会社ダンネツ信州
ページの終わりです