ページの始まりです 本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから本文です

住宅エコポイントの概要 2010年3月8日申請受付開始

住宅エコポイントとは、高い省エネ効果を有する製品を使用した、省エネ住宅を新築された方やエコリフォームをされた方に対して、様々な商品との交換や追加工事等のサービスと交換可能なエコポイントを取得いただける制度です。

住宅エコポイントの対象工事

省エネ住宅の新築:2009年12月8日~2011年12月31日に着工した住宅省エネ住宅の新築:省エネ法のトップランナー基準省エネ住宅の新築:省エネ基準法を満たす木造建築

※住居に用いる建物が対象で、事務所等は対象外です。
※持家・借家、一戸建ての住宅・共同住宅等の別によらず対象となります。

住宅エコポイントの対象期間

住宅エコポイントの対象期間

省エネ住宅の新築の場合
平成21年12月8日~平成23年12月31日に建築着工したもので、平成22年1月28日以降に工事が完了したもの

エコリフォームの場合
平成22年1月1日~平成23年12月31日に着手したもので、平成22年1月28日以降に工事が完了したもの

住宅エコポイントの申請方法

住宅エコポイント申請の流れ:工事の完了
  • 工事が完了するまで申請はできません。
  • 即時交換の場合は、追加工事も完了している事
住宅エコポイント申請の流れ:申請書類の準備
  • 申請書類チェックシートでご確認下さい
住宅エコポイント申請の流れ:申請書類の提出
  • 申請窓口に提出
  • 事務局へ郵送(即時交換の場合除く)
住宅エコポイント申請の流れ:ポイントの発行
  • 商品受取
  • 審査後、申請者宛てに通知ハガキが届きます。

申請のポイント

家電エコポイントと同じで、必要書類を事務局に提出する必要があります。必要書類の中には、施工者側が用意する書類もありますので、工事依頼前に当社にご相談下さい。

住宅エコポイントは、2010年3月8日に申請受付スタートし、予算総額は1,000億円。予算に到達した時点で、終了してしまいますので注意が必要です。

上手に使うエコポイント

上にもご紹介しましたが、住宅エコポイントには期限と、予算総額が決まっています。新たに新築の家を建てる予定は無くとも、リフォーム、つまり既存の住宅も対象となっていますので、この機会に断熱設計を検討してみてはいかがでしょうか?

即時交換(獲得ポイントをリフォーム費用に充当)の例をご紹介します。

即時交換の例:1階天井・2階屋根の改修で30,000ポイント
即時交換の例:床下にウレタン吹き付けの改修で50,000ポイント
即時交換の例:壁にブローイング改修で100,000ポイント
即時交換の例:断熱サッシにリフォームで120,000ポイント

エコポイントの合計
合計30万ポイントをゲット

エコポイントの合計
corona製:温水暖房ボイラー

温水暖房ボイラーを設置
※設置ボイラーは一例です

Youtube ダンネツ信州チャンネル

ここからサイト内共通メニューです
Copyright © Dannetsushinsyu Co.,Ltd. All rights reserved. 株式会社ダンネツ信州
ページの終わりです